コンテンツへスキップ

インターネットビジネスの中で、最もシンプルかつ分かりやすい仕事のジャンルの1つがせどりではないでしょうか。せどりは多くのサラリーマン、そして主婦の副業として親しまれてきました。せどりはわかりやすいビジネスなのに利益を上げやすいのが特徴です。せどりは安く仕入れをして、高く売ることで収入を得るのであり、日本だけではなく、どこの世界でも見られるビジネスの王道とも言えるでしょう。せどりは自分で商品を仕入れなければならないので、在庫を抱えることにはなりますが、自分が設定した値で売れたときには、とても嬉しい気持ちになります。例えば1000円で仕入れた商品を1300円の値をつけて売ることができれば、300円の利益ということになります。送料は買い手の負担として、取引をすることができるでしょう。

そんなせどりですが、このネットビジネスがオススメなのが、この仕事を始めるにあたり、初期費用が少ないので、リスクが少ないこと、そしてインターネットなどのIT用語やパソコンスキルなどがそれほどなくても始めることができるので、参入障壁が低いというメリットがあります。そして儲かる儲からないの計算がしやすく、売れれば利益が出るし、売れなければマイナス、という感じであり、やや値を下げて安く売る必要が生じたりします。在庫はあまり抱えたくないために、早めに売ってしまいたいという気持ちになることでしょう。

せどりを始めるにあたり、どこでどのような商品を購入できるでしょうか。実店舗で大バーゲン品を購入して、それを高く売るという方法や、問屋などでまとめ買いをして、それを売ることもできるかもしれません。とはいえ、多くの人はインターネットを通じてオンラインで商品を購入することが多くなることでしょう。ネットで検索し、サーチすると、時々びっくりするくらいの安い値で商品が売っていたりすることがあります。また中古の商品、洋服やバッグなどを販売することもできるでしょう。そのような場合にはオークションサイトなどを活用すると、お得な商品を見つけることができます。売る商品は、自分がそのジャンルで相場に通じており、自分が欲しいと思うような商品を選ぶことができます。

せどりビジネスは、ネット社会になればなるほど拡大していきます。利益率が20%を超えてくると、かなり儲けることができ、取引数が増えるごとにワクワクする楽しさを味わい、収入は右肩上がりになります。